スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空梨包囲網

闇の中の追走
【闇の中の追走】

今こんな感じのシーン作ってます。
「え?意味分かんない?」
そりゃそうです。意味が分かりそうで意味の分からないシーンを切り取ってきました(笑)
プレイした時に「あぁwwこのシーンのことかww」って思って下さいな。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【次回作の戦闘システム】

 Line製作を進める傍らでたまーにちまちまと次回作の戦闘システムなんかを考えていました。
当初は「サイドビューでキャラが動くのとか格好良いしかわいいし憧れるわー!!」な気持ちと「基本システムとは全く違ったやつ作ってやる!!」ってな感じで下みたいなサイドビューATBの構想をバリバリとふくらましていました。
※絵は手描きのものでゲーム画面じゃないです。
戦闘画面イメージ

ところがぎっちょん
サイドビューの習作のつもりで下のSSのサイドビュー変態型CTBの戦闘ゲームを作ってみたら(非公開)
見辛いし、攻撃の度にキャラが動いてテンポが悪くなるしでかなりの「コレジャナイ感」を味わいました(><;)

ScreenShot_2014_1022_14_25_43.pngScreenShot_2014_1022_14_25_50.png
(CTBの白マスがPLのターンで好きなキャラに好きな指示をだしたり、戦闘中に隊列を変更して戦うゲーだった)

 その失敗から次回作構想はストップ
Line製作(本職)に勤しみました。
基本システム改造のLineをプレイして
「あーやっぱり基本システムはプレイしやすいし見やすいし、サックサクだなー」
「そもそも私の作るゲームは物語がメインで戦闘にそこまでこだわる必要は無かったんだなー」と思いなおしました。
そう感じた私はこちらをドーン
ScreenShot_2014_1019_11_23_38.pngScreenShot_2014_1022_14_12_40.png

基本システムのレイアウト感を残した。フロントビューATBにしちゃいました!
戦闘システムの大枠は出来ててほぼ動かして戦うことが可能になってます。システムの説明はもっと開発が進んでからしようかなーと思ってマス
※素材にLineのキャラを使っていますが、次回作の戦闘システム開発画面デスヨ
ScreenShot_2014_1022_14_13_22.pngScreenShot_2014_1022_14_13_50.png
各種画面もかなり基本システムを周到したレイアウトにしてみました。

そんでもって出来あがった戦闘システムを満足気に動かしていたところツイッターに一報が・・・
「Pixiv事典にLine(ウディタ)の項目ができたらしい」

「・・・」
「次回作とかいじって遊んでる場合じゃなかった((0П0))!!」

ということでPixiv事典に『Line(ウディタ)』の項目ができたそうです!
編集して下さった方本当にありがとうございますm(_ _)m!!
こんな寄り道ばっかりの駄作者ですが、必ず完結版をお届けしたいと思います!!

次回作システムの開発は凍結されました(当然)
スポンサーサイト
プロフィール

空梨 歩

Author:空梨 歩

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イラスト
検索フォーム
リンク

  • グラン王国第一歴史研究所
  • ┗グラン内戦記作者にしてMarionetteHeartの共同制作者ロビンさんのブログ
  • Ark with Souls
  • ┗Partnersシリーズの作者あるぅさんのブログ

    ┗アストラルブレイバーシリーズの作者ケースヶさんのブログ
  • はいかぶり
  • ┗空梨 歩が大ファンの仔竜さんのブログ

    ┗ゲーム・マンガで配信中「小学生勇者」の作者わかささんのサイト
  • 管理画面
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。